忍者ブログ

上海漢方

精力剤,女性用媚薬,ダイエット商品人气通販

オリンピック・・・・柔道の選手はかわいそう・・・

考えてみれば、そういう意識を国民に持たせたのは柔道の協会なのかもしれません。
JUDOは日本発祥の競技ですから、勝って当然の意識から始まったのはやむを得ないとは思います。
最初にオリンピック競技となった1964年の東京オリンピックでは、無差別級(最重量級)でオランダのヘーシンクに神山選手(だったかな?)が負けたことで、ショックを受けたことは覚えています。
無差別級で負けることは、すなわち柔道最強の男が外国人であることになりますからね。
しかし、それから柔道の世界的な波及は大きくなり、「柔道」から「JIDO」に変わり、競技の地位は当時より遙かにあがりました。
もはや「JYUDO」は日本のものからは離れましたし、ルールも大きく変わりました。

それなのに、日本の柔道協会はまだ「意識変革」が出来ていないようです。
個人競技にもかかわらず柔道協会の選手管理体質は旧態依然としたもので、「精神論」が幅をきかせているようです。威哥王
もはや世界のスポーツは「科学的鍛錬」が主流というのに・・・・。

さて、金メダル獲得の責任を負わされた選手達ですが、今のところ金メダル獲得はありません。4つの銅メダルという成績です。
選手達はインタビューでも笑顔がほとんど無く、インタビューアーの「銅メダル、おめでとうございます!」のコメントにとまどいながら、憮然とした表情で「金メダル以外は同じです。悔しいです!」と答えます。ほぼすべての銅メダル選手がそうですから、見ていて心が痛くなります。狼一号
気持ちは分かりますが、考えてみればこのコメントは優勝者以外の他の選手達にはきわめて無礼な発言だと思います。
確かに、JUDOの各階級の代表選手達は皆シード選手ですし、上位、あるいは金メダルを狙える力を持っている選手達です。

しかし、今のJIDOのルールでは、日本の古来の柔道の考え方では勝ちにくいのかも知れません。
日本の柔道は「1本勝ち」こそが美しい柔道という考え方なのかも知れません。
しかし、これまでの試合を見ていると、外国の選手同士の試合でもきれいに決まる「1本勝ち」の試合は少なく、ポイントを取っての優勢勝ちならまだしも、延長サドンデスの「指導」での勝敗が決まる試合も多いのです。
日本柔道界の美意識はこれを嫌うのかも知れません。
「指導」を取って優位に立てば逃げ切る作戦というのは、その意識が許さないのかもしれません。
焦って技を仕掛け返され「有効」を取られるようなケースです。
催情薬
PR

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

フリーエリア

最新CM

最新TB

(09/27)

プロフィール

HN:
漢方
年齢:
41
HP:
性別:
男性
誕生日:
1976/02/12
職業:
職員
趣味:
旅行
自己紹介:
http://www.chinakanpo.com/中国の漢方薬,精力剤,避妊中絶,ダイエット,美容コスメ,健康食品の安心個人輸入代行!

バーコード

ブログ内検索

P R

Copyright ©  -- 上海漢方 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]