忍者ブログ

上海漢方

精力剤,女性用媚薬,ダイエット商品人气通販

<とと姉ちゃん>初週視聴率21.7% 「あさ」超えの好発進

女優の高畑充希さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「とと姉ちゃん」の初週「常子、父と約束する」(4~9日)の週間平均視聴率が21.7%(関東地区、ビデオリサーチ調べから算出)を記録したことが11日、分かった。今世紀最高の期間平均視聴率23.5%を記録した「あさが来た」の初週の週間平均視聴率20.3%(同)を上回る好発進となった。
威哥王
 4日に放送された初回の平均視聴率は22.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。「あさが来た」の初回平均視聴率21.2%を上回る好発進で、13年前期の「あまちゃん」から7作連続の20%超えとなった。

 「とと姉ちゃん」は、生活総合誌「暮しの手帖」の創業者である大橋鎮子、花森安治らの軌跡をモチーフとしたドラマ。11歳で父を亡くしたことを境に家族の父代わりとなった小橋常子(高畑さん)が、静岡から上京し、女性向けの雑誌を創刊。雑誌は、花山伊佐次(はなやま・いさじ)の助けを借りながら、高度経済成長期を生きる女性に支持されていく……というストーリー。西島秀俊さんや木村多江さんらが出演し、宇多田ヒカルさんが主題歌「花束を君に」を手がけたことも話題になっている。
巨人倍増
 初週「常子、父と約束する」は、昭和5(1930)年の静岡県遠州地方を舞台に、常子の少女時代が描かれた。三姉妹の長女・常子は、染料会社で働く父・竹蔵(西島さん)とおっとりした母・君子(木村さん)らと楽しく過ごしていた。しかし、竹蔵が突然、結核に倒れてしまい、生活が一変する……という展開だった。幼少期の常子を子役の内田未来ちゃんが演じ、結核で命を落とす竹蔵を演じた西島さんの熱演も話題になった。
PR

自然界に存在しない細菌の作製に成功…米チーム

生命の設計図とされるゲノム(全遺伝情報)を人工的にデザインし、自然界に存在しない細菌を作ることに成功したと、米国のJ・クレイグ・ベンター研究所などの研究チームが発表した。
狼一号
 新たに誕生した細菌は、自然界のどの生物よりも遺伝子の数が少ないという。

 薬やバイオ燃料を合成する微生物の研究の進展が期待される一方、新しい細菌の作製は安全性や倫理面での議論も呼びそうだ。論文は、25日の米科学誌サイエンスに掲載される。
曲美
 研究チームは2010年、細菌「マイコプラズマ・ミコイデス」のゲノムを人工合成し、別の細菌に移植して自己増殖させることに成功した。今回は、この細菌の遺伝子901個から生存や増殖に必要な遺伝子を選び、473個まで減らした人工ゲノムを別の細菌に移植し、自己増殖させたという。自然界の生物が持つ遺伝子数は、525個の細菌が最少だった。

かすむ横断歩道 県内9500カ所 死亡事故現場も 縦割りに対応苦慮

厚木市下依知で下校途中の女子児童が車にはねられて死亡した事故から1カ月余。事故との直接の関係は不明ながら、地元では現場の横断歩道が消えかかっていた問題がクローズアップされている。同様な横断歩道は近年、県内各地で顕在化。事故を契機に改善策を模索する動きも出てきた。

 事故は2月9日夕、市立小学校近くの市道で発生した。現場は交通量の多い国道129号から住宅地に入る生活道路で、信号機はないが見通しは悪くはない。横断歩道の手前に街区公園があり、女子児童は公園方向から横断歩道を渡っているときに「漫然と運転」狼一号(運転者の供述)していた車にはねられた。

 「現場の横断歩道は事故後数日で塗り直された。通学路でもあり、以前から地元では問題視、改善を要望していたので複雑な思いだ」。2月29日の厚木市議会第1回会議の一般質問で石井芳隆市議が取り上げた。

 霜島宏美副市長は「タイヤによる摩耗で不鮮明になった横断歩道は市道交差点だけでも46カ所ある。市道ではあるが、交通規制に関する標示は県警の業務であり、これまでも改善を要望している」と答弁。4月から県厚木土木事務所と協議を始める五便宝という。

「なぜ殺されなければ」 予備校生刺され死亡 受験直後、遺族ら悲痛の言葉 

福岡市西区の路上で27日夜、殺害された予備校生の北川ひかるさん(19)は、熊本県の進学校を卒業した後、福岡市の予備校に通い難関国立大を目指していた。前期試験を終え、結果を待ちながら勉強を続けていたさなか、突然に奪われた未来-。剣道やダンスもこなす自慢の孫を思い、祖母は「なんで殺されないかんかったとですかね」威哥王と言葉を絞り出した。
 ひかるさんが中学まで暮らした熊本県天草市。祖母の北川キヨカさん(78)は28日早朝、親族からの電話で事件を知った。幼いころに父親の勧めで剣道を始め、学業もトップ。中学時代は生徒会長も務めたという。
 「皆さんにほめられる優しい孫。みじょかで(かわいくて)みじょかで。『ミスコンテストに出てみらんね』と言うと、ニコッとしてね」
 地元では夏に成人式が開かれており、ひかるさんも20歳を迎える今年、参加するはずだった。キヨカさんの自宅玄関には、レンタル振り袖のカタログが積まれている。「着物姿を見たかった。大学生活も楽しみにしとったとでしょうね…」。キヨカさんは手に取ったカタログに目を落とした。
 地元天草を離れ、熊本市内の県立進学校に進んだひかるさん。ダンス同好会に所属していたが、人数の足りなかった剣道部から助っ人を頼まれ、大会に出場したという。当時の恩師は「稽古に意欲的で、剣道部員からも信頼されていた。おしとやかで控えめだったけれど、いつも明るい印象だった」。事件を「信じられないし、本当にショックだ」と話す。
 ひかるさんは昨年4月から、福岡市西区のアパートで兄と一緒に暮らし、同市中央区の予備校に通っていた。アパート前で兄は「まだ気持ちの整理が付いていません」と言葉少なに語った。
 予備校の責任者は取材に「非常にまじめで模範的な生徒だった。難関国立大の文系を目指し、前期試験の結果を待ちつつ、後期試験の出願届を出していた」巨人倍増と説明。トラブルなどは把握していないという。
 ひかるさんを刺したと認めている少年(19)も同じ予備校に通っていたことについては「警察の捜査を待っている」と繰り返すにとどめた。

UFO

このところUFOがまたブームになっているみたいだが、私はまだそれらしき物体が見たことがない。

ところが私の友人はどういうわけだか、ほとんどの人はそれらしきものを見ているのだ。

なかでも一番強烈なのは、高校時代の友人の目撃談である。彼女が小学生のときのことなのだが、照り返しが強い夏の昼間、家の近所の広い通りの歩道を歩いていた。
勃起促進
すると今まで車が走っていたのに、突然、一台も通らなくなった。歩道を歩いている人もいない。

「あれ、おかしいな」と思いながら、ふと歩道に面した平屋の家を見たら、その家の軒のところに、妙な物体が浮いている。

銀色の流線型で、周囲からは、かげろうみないなものがゆらゆらと出ている。

「これは何だ」と呆然としているうちに、ふっとて銀色の物体は消えてしまった。

そして彼女が我に返ると、道路にはまたたくせんの車が走り出していたというのである。
巨人倍増
その話を聞いたとき、私はたまげるより先に、物体が民家の軒下にぶかぶか浮いている姿を想像して笑ってしまったのだが、彼女は、「あれはUFOだわ」と信じきっている。

「そこの家の子供が、ばかでかい銀色の風船でもぶらさげておいたんじゃないの」と茶化すと、むきになって、「いーや、違う、あれ絶対に金属だった」と反論してくる。

そして単なる偶然か軒下の物体の仕業かわからないけれど、物体を目撃してから、彼女の身長は一年間に十センチ伸び、そしてぴたっと止まってしまった。

そのような不思議なことが彼女の身に起こったのは事実なのである。私もいつかは現物を見たいものだと思っているのだが、こればかりはどうしようもない。目撃者同士で話が盛り上がっているその隣で、「不思議ねぇ」と首をかしげるだけの、空しい日々を送っている。

最新記事

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

フリーエリア

最新CM

最新TB

(09/27)

プロフィール

HN:
漢方
年齢:
41
HP:
性別:
男性
誕生日:
1976/02/12
職業:
職員
趣味:
旅行
自己紹介:
http://www.chinakanpo.com/中国の漢方薬,精力剤,避妊中絶,ダイエット,美容コスメ,健康食品の安心個人輸入代行!

バーコード

ブログ内検索

P R

Copyright ©  -- 上海漢方 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]