忍者ブログ

上海漢方

精力剤,女性用媚薬,ダイエット商品人气通販

「なぜ殺されなければ」 予備校生刺され死亡 受験直後、遺族ら悲痛の言葉 

福岡市西区の路上で27日夜、殺害された予備校生の北川ひかるさん(19)は、熊本県の進学校を卒業した後、福岡市の予備校に通い難関国立大を目指していた。前期試験を終え、結果を待ちながら勉強を続けていたさなか、突然に奪われた未来-。剣道やダンスもこなす自慢の孫を思い、祖母は「なんで殺されないかんかったとですかね」威哥王と言葉を絞り出した。
 ひかるさんが中学まで暮らした熊本県天草市。祖母の北川キヨカさん(78)は28日早朝、親族からの電話で事件を知った。幼いころに父親の勧めで剣道を始め、学業もトップ。中学時代は生徒会長も務めたという。
 「皆さんにほめられる優しい孫。みじょかで(かわいくて)みじょかで。『ミスコンテストに出てみらんね』と言うと、ニコッとしてね」
 地元では夏に成人式が開かれており、ひかるさんも20歳を迎える今年、参加するはずだった。キヨカさんの自宅玄関には、レンタル振り袖のカタログが積まれている。「着物姿を見たかった。大学生活も楽しみにしとったとでしょうね…」。キヨカさんは手に取ったカタログに目を落とした。
 地元天草を離れ、熊本市内の県立進学校に進んだひかるさん。ダンス同好会に所属していたが、人数の足りなかった剣道部から助っ人を頼まれ、大会に出場したという。当時の恩師は「稽古に意欲的で、剣道部員からも信頼されていた。おしとやかで控えめだったけれど、いつも明るい印象だった」。事件を「信じられないし、本当にショックだ」と話す。
 ひかるさんは昨年4月から、福岡市西区のアパートで兄と一緒に暮らし、同市中央区の予備校に通っていた。アパート前で兄は「まだ気持ちの整理が付いていません」と言葉少なに語った。
 予備校の責任者は取材に「非常にまじめで模範的な生徒だった。難関国立大の文系を目指し、前期試験の結果を待ちつつ、後期試験の出願届を出していた」巨人倍増と説明。トラブルなどは把握していないという。
 ひかるさんを刺したと認めている少年(19)も同じ予備校に通っていたことについては「警察の捜査を待っている」と繰り返すにとどめた。
PR

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 10 11 12 13
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新CM

最新TB

(09/27)

プロフィール

HN:
漢方
年齢:
41
HP:
性別:
男性
誕生日:
1976/02/12
職業:
職員
趣味:
旅行
自己紹介:
http://www.chinakanpo.com/中国の漢方薬,精力剤,避妊中絶,ダイエット,美容コスメ,健康食品の安心個人輸入代行!

バーコード

ブログ内検索

P R

Copyright ©  -- 上海漢方 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]