忍者ブログ

上海漢方

精力剤,女性用媚薬,ダイエット商品人气通販

あの日あの時あの場所であることがあったとき

「だろうと思った」
「だってさお前、難しく説明しすぎなんだって!!」
「詳しく教えてくれっつったのはどっちだよ」
「はい、ボクです」


流れを言えばこうだ。

とある学校、といっても俺達の学校なんだけど、そこで集会が開かれた訳だ。
『3年前から今までの日本の変化』なんて名目で警視庁の人が何人か来て、いろいろ説明があったんだが・・・・
それを俺、―――高山鉄弥は爆睡しててまったく聞いてなかった訳だ。

そこで俺が頼ったのがクールでイケメンな親友である菅原翔なわけだけど
この野郎、わざわざ難しい説明の仕方しやがって。おかげでまったく理解できずに今に至ると。
いや、参ったね。

「なんなら私が教えようか?」
「お願いします天使様」
即答する俺。

は置いといて、助け舟を出してくれた目の前のエンジェルが若本美希。
最高に美人でスタイルが良くて、それこそ天子様と呼んでいいくらい優しくて慈悲深い。だいたいの男子生徒が彼女に恋するわが学校のアイドルでありまして・・・・・・
イーリーシンエンジェル美希ちゃんが分かりやすく解説してくれているあいだに、大まかに香奈ちゃんの紹介をしてみた。
別にこれ、過大評価なんてまったくしてないんだ。

美希(基本呼び捨て)が説明してくれたことをきっちり理解したと言うことで、家に帰ることにした。
俺たち3人は、あの日あの時あの場所であることがあったときから非常に仲がいい。
・・・・このことはまた後で話すとして。
どの部活も休みの日は同じなので、休みの日は毎回一緒に帰る仲だ。

ちなみに部活は
俺が陸上競技部、所属は跳躍。
翔が軟式テニス部
美希はバスケットボール部
といった感じだ。

「おい、鉄弥、香奈。『アレ』持ってきてるな?」
「ばっちりだぜ」
「物騒な世の中になったわねぇ」



徹夜は、背中に長剣を携えて帰っていた。それだけでびっくりなのだが、その剣は少々特徴的だった。
柄がないのだ。剣先も上に向けた状態で背中に携えている。
その状態で談笑しながら帰っていた。

・・・・・・いまのこのご時世だから許されるのだ。普通なら銃刀法にかかって捕まっている。
今でも銃刀法はあるが、これは魔人を倒すためのものだから許されるのだ。
ちなみに、誰もがこの対魔人・モンスター用武器『ブラスター』を持っているわけではないのだ。

そして現在、通学路である人通りの少ない住宅街(人はちゃんと住んでいる)で、3人は立ち往生していた。

「ちょっと質問してもいいか?」
「何だ」
こちらを見ずに答える翔。
「日本がめんどくさいことになって、モンスターが出てきたのは分かる。
でもさ、モンスターってもとは動物じゃん?普通こんな住宅街にはいないよな?ワン公じゃあるまいし」
「いないわね?」
次は香奈が答える。
「じゃあさ


今目の前にいるのは何?」

グルルルルル

「ほら、なんか唸ってるし、敵意マックスだし」

立ち往生している原因、それは、なんか息するたびに口から黒い煙が出ている狼っぽいのと対峙していたからだ。

「ほんとに出るんだ」
「聞いたとおりだな」
「何、なんか知ってんの?話が見えな―――」
「ブラスターであの狼を殺すんだよ」
「後で教えてあげるから、今は狼をやっつけるのが先!」

最後まで言う前に喋りだしやがった。
まあいい、いまいち話は見えないけど、やるしかないんだな。

「ええい、ままよ!」
一度言ってみたかった言葉を言い、すっきりしたところでベルトの左側に手を伸ばす。
そして引っ掛けていたあるものを抜き払った。

それは、妙な形をしたナイフだった。
   こぶし2個と半分ほどの長さを持つ柄は、掴むとぴったりとフィットするように作られていた。その先にあるのは柄の約二分の一の長さの刃だった。
明らかに柄と刃の長さが逆のナイフ。
「モンスターに効くのは魔法だったような・・・・剣で対抗できんのか?」
呟きながら背中の柄なしの剣の真下にナイフを動かした。そして柄があるはずのそこにナイフを差し込む。
ガチン、と何かが締まる音がする。直後に勢いよく前に構えた。
   現れたのは、正真正銘の真剣。これがこの二つのブラスターの本来の姿、その一部だった。

他の二人もブラスターを持っていた。
翔は、装飾一切なし、つばも申し訳程度に付いた無骨な刀。
香奈は、片や白、片や黒の長さ30cm程の双剣だった。右に白の剣、左に黒の剣を持っている。

「せいっ」
走りこみ、狼の至近距離まで来たところで翔が一閃。
しゃがんでかわし、頭突きを繰り出す狼。
翔はあたる直前に後ろに跳んで衝撃を殺す。
「時間稼ぎ頼むぞ!」
「任せて!」
香奈も狼に肉薄し、白の剣を突き出した。
狼は右にサイドステップし、またしてもかわす。
かわされた、と認識してすぐ、香奈は狼の逆方向に回転した。
「もう一つ!」
回転の勢いを乗せて、黒の剣を叩き込んだ。
後ろに跳躍するもわずかに反応が遅れ、剣先が足に当たり、切り裂かれる。少しバランスが崩れた。
「香奈!」
鉄弥の声。
「後は鉄弥がどうするか、ね?」
そしてしゃがんだ。


鉄弥も行動を開始する。鉄弥の剣は結構でかいため、人が回りにいるときは使いにくいのだ。
走りこみ、香奈のすぐ後ろまで接近する。
狼が後ろに跳躍した。だが脚が斬られる。おまけに少々バランスを崩したらしい。
―――物理的な攻撃でも普通に効くみたいだな。弱点が魔法だけど物理もいいよ、みたいな感じだろうか。
着地してもすぐには行動できないはずだ。
「香奈!」
そこまで計算し、鉄弥は―――跳んだ。
グッドタイミングでしゃがんだ香奈を飛び越え、狼が着地したところに鉄弥も飛び込む。
「とりゃぁ!」
そのまま長剣を突き下ろした。

紙一重のところで避けられる。
地面に深く刺さる長剣。―――抜けない。
諦めて前を見ると、鉄弥を切り裂こうと爪をむき出しにした前足がかかげられていた。
気合入れて渾身の一撃を繰り出し、それが裏目に出て攻撃の手が無くなった。
つまり、最悪。
「ははは・・・・やっべぇ」
振り下ろされる。
恐怖で反射的に目が閉じる。
「しゃがめ!」
とっさにしゃがんだ、というより足が崩れた。
次に来るであろう痛みを想像しながら身構えた。

ギャイン
「へ?」
痛みがやってこない。それどころか、狼の悲鳴が聞こえてきた。
目を開けると、かかげられていたはずの前足が落とされていた。
すぐ近くに落ちている前足。その奥には、20cm程の短剣が落ちていた。
すぐに後ろを見る。
「はぁ、はぁ・・・・後は任せたぞ」
酷く疲れた様子の翔が、夜の健康食品いかにも何か投げた直後みたいな状態で鉄弥に言い放った。
「さすがは翔って感じだな、んじゃ遠慮なく」
狼が、距離をとるためにまた後ろに跳んだ。
しかし、前足が1本ない状態では踏ん張ることもままならない。
こけて、アスファルトを滑る。
「悪いが、これで終了だ!」
ダッシュで近付き、立ち上がる直前にダッシュの勢いで通り抜けざまに一閃。
―――狼が崩れ落ちた。
PR

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 10 11 12 13
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新CM

最新TB

(09/27)

プロフィール

HN:
漢方
年齢:
41
HP:
性別:
男性
誕生日:
1976/02/12
職業:
職員
趣味:
旅行
自己紹介:
http://www.chinakanpo.com/中国の漢方薬,精力剤,避妊中絶,ダイエット,美容コスメ,健康食品の安心個人輸入代行!

バーコード

ブログ内検索

P R

Copyright ©  -- 上海漢方 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]