忍者ブログ

上海漢方

精力剤,女性用媚薬,ダイエット商品人气通販

髄膜炎?脳炎に対しての検査と治療

髄膜炎?脳炎に対しての検査と治療  髄膜炎では、髄液検査による細胞数増加の確認が診断上重要です。髄液の外観、細胞の種類、蛋白、糖値、病原検査によって各種髄膜炎の診断の手がかりが得られ、糖値が低下している場合、細菌性、結核性、真菌性髄膜炎を見分ける必要があります。脳炎において、発熱、頭痛、意識障害、けいれん発作などは必ず起こる症状です。意識障害などのため、同居している方から病気の起こり方などを聞き出すことが大切です。赤沈の亢進、C反応性蛋白上昇などの一般炎症所見、髄液所見で細胞数増加がみられ、CT、MRI、脳波などを調べます。ヘルペス脳炎は、側頭葉や辺縁系に60~70%の頻度でみられ、日本脳炎は視床、基底核、黒質によく発症します。脳波では、ヘルペス脳炎において周期性一側てんかん放電がしばしばみられます。病原の診断では、グラム染色、一般細菌、血液培養、酸菌染色、墨汁染色を行う必要があります。威可王各種ウイルスに対する髄液からのPCR法を含む病原検索、血清、髄液の酵素抗体、補体結合抗体、血球凝集抑制抗体などの抗体価検査がポイントになります。PCR法によるウイルスゲノムの検出は発症10日以内の急性期で陽性率が高く、この方法は、細菌に対しても普及しています。髄腔内の局所抗体産生をみる場合、血清や髄液抗体価比などを参考にします。 髄膜炎?脳炎とはに気づいたらどうする?発熱、頭痛、項部硬直などの髄膜刺激症状、発熱、意識障害、けいれん、髄膜刺激症状などが現れた場合、髄膜炎、脳炎が疑われますので、専門の神経内科、感染症科などの内科、小児科の受診をすすめます。各種髄膜炎?脳炎には、それぞれの原因に対して、特異的な治療があります。髄液所見から細菌性髄膜炎が疑われた場合には、起炎菌の同定結果を待つことなく抗生剤投与を開始し、起炎菌の判明前には、抗菌スペクトルが広く、髄液への移行のよい抗菌薬を選ぶことが大切です。結核性?真菌性髄膜炎には、抗結核薬、抗真菌薬を使います。ヘルペス脳炎が疑われる場合はアシクロビルの点滴静脈注射が行われます。 レビトラ
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 

TRACKBACK

TrackbackURL

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21
23 24 25 26 27 28 29
30 31

フリーエリア

最新CM

最新TB

(09/27)

プロフィール

HN:
漢方
年齢:
41
HP:
性別:
男性
誕生日:
1976/02/12
職業:
職員
趣味:
旅行
自己紹介:
http://www.chinakanpo.com/中国の漢方薬,精力剤,避妊中絶,ダイエット,美容コスメ,健康食品の安心個人輸入代行!

バーコード

ブログ内検索

P R

Copyright ©  -- 上海漢方 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]